借金の一本化の審査に通過する方法

借金の一本化の審査に通過する申し込み手順から借り入れまでの方法を紹介します。

早く返済すれば日数金利分を減らす事が出来る

読了までの目安時間:約 2分

お金が無いからと言って、気軽にカードローンで借りたりしますが、お金を借りるのには、利息が掛かっているのですから、勿体無い話であると思います。

出来るだけカードローンで借りずにやりくりしたほうが、利息を払わずに済むでしょう。しかし、どうしてもやりくりできずに仕方なくカードローンでお金を借りた場合は、金利の計算をして、いくら払っているのかと解って置くことも大切です。

何故ならば、こんなに利息を払っていると解れば、確認することによって、勿体無いから早く返済してしまおうっと言う気になるからです。

利息は、1日ごとに増えて行きます。だから1日でも早く返済したのなら、その1日分の利息が浮くことになるのです。

金利を入れて計算して見ると良いでしょう。借入額×金利%÷365日×日数となります。これを数字に当てはめれば、利息の計算が出来ます。

例えば、金利が年18%の某企業で30万円を借りて、30日で一括で完済したとします。この計算は、30万円×18%÷365日×30日と言う計算になります。18パーセントは0・18で計算します。

この30日で完済できた利息は幾ら掛かったのかと言うと、4438円です。このように、もしももう1日早く返していたのなら、利息は1日分減ったはずです。早く返済すればする程に、金利も1日分掛からなくて済むのです。

カードローン返済方法

読了までの目安時間:約 2分

カードローンは、カードと言う名前が付くローンである為、昔は、カードを使ってお金を引き出して、カードを使ってお金を返済する方法しかなかった。

しかし今では、カードローンは多様化し、かーどを使わず借入出来たり、カードを使わずに返済できたりもします。

そして、かなり以前は、お金を借入するのに、現金の札束を実際手に持って動かす作業であったのが、今では、お金を手に持たずに、通信で移動させるように、振込みや口座振替などの手法でお金の借入や返済もする事が出来ます。

契約後にカードを受け取った場合には、銀行やコンビニなど提携のATMを使ってカードで返済するタイプが多いです。

しかし、カードローンの企業宛の口座へ銀行から振り込んだりする方法もあります。他には、口座預金の引き落としで自動的に引き落としされてお金を返済出来る方法もあるのです。実店舗があるのなら、実店舗の窓口へも返済しても良いでしょう。

このように、色々な返済方法があるのですが、口座自動引き落としの場合は、特に手数料などは掛からないのですが、提携ATMで返済した場合には、その提携ATMを利用した利用手数料がかかってしまう金融業と、手数料が掛からない金融業と色々あります。

他には、実店舗の窓口への返済は手渡しなので、手数料は勿論掛かりませんが、金融業の口座預金への振り込みは、当然に振込み手数料が別途かかってくるでしょう。

手数料とは返済金額以外に掛かる費用であるので、出来れば、振込み手数料や利用手数料が掛からない返済方法の方が、得策であると思います。

しかし、返済日に間に合うように、返済しなければならないので、そのときの都合で、振込み方を変えても良いでしょう。

口座引き落としは自動で引き落としがなされるので、急な変更は出来ませんがそれ以外は、返済方法を色々選べることでしょう。

総量規制以上の借り入れは銀行でも難しい

読了までの目安時間:約 2分

総量規制とは、収入の3分の1までしか借りられない法律のことで、消費者金融やクレジットカード会社に適用されます。

「銀行カードローンの場合、総量規制が適用されないため、年収の3分の1以上の借り入れも可能だろう。」と考えるのは安易な考えなのです。

確かに法律上は銀行は総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の貸付も可能です。しかし、消費者金融よりも審査が厳格な銀行が消費者金融以上の金額を貸し付けることはあまり現実的ではないのです。

総量規制以上の借り入れは銀行でも難しいと考えましょう。

審査落ち対策

まずは借入額を減らすことの方が優先です。おまとめローンやのりかえローンなどを利用して、返済額を軽減し、家計に余裕を持たせることで新たな借り入れをしないで済む体制にしましょう。

転職直後でカードローンに申し込んだ。

転職直後の場合は、カードローンの審査に通るのが難しいのです。なぜなら、カードローンの審査では勤続年数が重視されます。最低でも、半年以上は勤続年数がないと審査は通らないと言ってよいでしょう。

勤続年数が半年以上になるまでは待つことが必要です。転職前の方は今のうちにカードローンを作って枠を持っておくのも賢い方法です。

限度額に関係なく収入証明が必要な企業

読了までの目安時間:約 2分

カードローン企業は、色々な種類があります。消費者金融業や、信販系、銀行系などもあります。

そのカードローン全てに、申込をして審査を通るには、身分証明の書類が、必要とされるといわれています。

そして身分証明以外にも、借りる限度額により、収入証明の書類も必要とされます。消費者金融業においては、だいたいが50万円以上の限度額は、収入証明が必要と言われます。

それ以外には、100万円以上や、200万以上など、その限度額の金額の設定は、金融企業それぞれ違います。

しかし、限度額に関係なく、収入証明が必要な、金融業もあるのです。それは、申込をして審査に通るには、必ず収入証明が、必要となるものです。

企業は、オリックスカードレスVIP、オリックスVIPローンカード、りそなプレミアムカードローン、東京スター銀行おまとめローン、東京スター銀行のりかえローンなどです。

これらの企業は、もともとの貸付金額が、比較的大口の取扱があるものなので、申込時、最初から必ず収入証明が、必要とされるのでしょう。

大口融資であるから、限度額に関係なく、審査を通る為に、元々必要な書類となるのです。準備をしてから申し込むと、スムーズに行く事でしょう。

最近の投稿
アーカイブ