借金の一本化の審査に通過する方法

借金の一本化の審査に通過する申し込み手順から借り入れまでの方法を紹介します。

都市圏の地価がバブル経済以上の上昇となる

読了までの目安時間:約 2分

失業率改善と賃金上昇の報道を見聞きすると日本経済もだいぶ回復してきているように感じますが、自分の身の回りを見ると景況感はいまいち良いとは思えません。消費税が8%に引き上げられたことによる物の買い控えが身に染みてしまっていてお金があっても積極的に使おうという気持ちを削がれてしまいます。今はまさにお金の還流が鈍っている時期ではないかと思います。

そんな中、東京などの大都市圏で地価がバブル期以上の水準になったとの報道がありました。バブル期ならともかく、何でこんなお金の還流が鈍っている時期にそうなるのか不思議に思いますが、実はほんの昔に今の状況と似たようなこともありました。

1985年に主要国がドル安を容認するプラザ合意が行われました。これによりドル安が急激に進み一ドル200円台から150円にまで円高が進んだのですが、円高は一時国内産業に大打撃となりました。ところが円高になることで日本は防衛策として政策金利を引き下げました。それにより企業が銀行からお金を借りやすくなり一気にお金が世の中に還流していきました。これがバブル景気が起きた要因なのです。

今は限りなくゼロに近い低金利政策を敷いていますが、そこからマイナス金利を実施しています。金利引き下げによりお金が借りやすくなるという構図はまさにバブル期に似ています。それが地価の上昇の要因となっていると言えるでしょう。それでは再びバブルが訪れるのかと言えば、上昇志向があった当時と慎重思考の今とを比べると再びバブルが訪れるというのは考えにくいです。モビット 審査

最近の投稿
アーカイブ