借金の一本化の審査に通過する方法

借金の一本化の審査に通過する申し込み手順から借り入れまでの方法を紹介します。

早く返済すれば日数金利分を減らす事が出来る

読了までの目安時間:約 2分

お金が無いからと言って、気軽にカードローンで借りたりしますが、お金を借りるのには、利息が掛かっているのですから、勿体無い話であると思います。

出来るだけカードローンで借りずにやりくりしたほうが、利息を払わずに済むでしょう。しかし、どうしてもやりくりできずに仕方なくカードローンでお金を借りた場合は、金利の計算をして、いくら払っているのかと解って置くことも大切です。

何故ならば、こんなに利息を払っていると解れば、確認することによって、勿体無いから早く返済してしまおうっと言う気になるからです。

利息は、1日ごとに増えて行きます。だから1日でも早く返済したのなら、その1日分の利息が浮くことになるのです。

金利を入れて計算して見ると良いでしょう。借入額×金利%÷365日×日数となります。これを数字に当てはめれば、利息の計算が出来ます。

例えば、金利が年18%の某企業で30万円を借りて、30日で一括で完済したとします。この計算は、30万円×18%÷365日×30日と言う計算になります。18パーセントは0・18で計算します。

この30日で完済できた利息は幾ら掛かったのかと言うと、4438円です。このように、もしももう1日早く返していたのなら、利息は1日分減ったはずです。早く返済すればする程に、金利も1日分掛からなくて済むのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ