おまとめローンの申し込み手順から借り入れまで

ここ数年でよく目にするようになった「おまとめローン」ですが、そもそもどういったものなのでしょうか?

おまとめローンは「まとめ」とあるように複数社のローンや借入れを1社にまとめて借り入れを一本化することです。

支払日も毎月1回で済みますし、もし実質年率が低いローンに借り換えられたら支払利息も少なくなります。

更に、毎月の支払額やボーナス月の支払額を増やすことで、より早く完済でき支払い総額も少なくて済む可能性があります。

今回は、そんなおまとめローンの流れと実際の事例についてご紹介していきたいと思います。

いろいろな金融機関がおまとめローンを取り扱っていますので、まずはどれを選ぶのかを決めないといけませんね。

取り扱っているのは銀行、信用金庫、消費者金融などです。

選び方の基準として最も重要な指標になるのが金利です。

当然ですが、金利によって元本以外に負担する金額(利息)が大きく変わってきます。

当然金利の低いものをチェックしていくべきですが一般的に金利が低い商品は審査も厳しくなります。

また、金利が固定か変動かも重要です。

固定であれば基本的に金利は一定なのですが変動性であれば市場金利の動向に左右され、借りた後に変わることがあります。

変動性はやや不確定リスクが高くなりますので注意が必要です。

他にも借入れ可能額や借入れ可能期間、審査期間、来店の要不要なども事前にチェックしておく必要があります。

借入れ可能額(限度額)については今現在借入れしている金額の合計以上でないと一部借り換えができないままになってしまう可能性があります。

借入れ可能期間が短いと、借り換え前よりも毎月の支払額が増えてしまう危険があります。

各社のホームページに実際に借り換えした場合のシミュレーションができるページが用意されていることが多いので、そういったものも活用するといいでしょう。

次におまとめローン申し込みの流れを解説していきます。

金融機関が決まったら次は申し込みです。

申し込み方法は、店頭、郵送、インターネット申し込みなどがあります。

申込書の記入事項は、大きく分けて次の3点です。

1あなた自身に関する情報

氏名、性別、生年月日、配偶者の有無、年収 など。

2自宅に関する情報

自宅電話番号、所有の有無、居住年数、住宅ローンの月々返済額など。

3勤務先に関する情報

職種、業種、勤務先住所、勤務先電話番号、勤続年数など。

申し込みが完了したら、それをもとに金融機関での審査が行われます。

この段階で申し込み内容の確認の電話が自宅や勤務先に入ることもあります。

借入れ意思、居住事実、在籍事実などの確認が目的です。

また、希望の借入額などによってはあなたの年収額を証明する書類(給与明細、源泉徴収票などの写し)の提出を求められることもありますのであらかじめ用意しておくといいでしょう。

そして、無事に審査を通過できれば契約書が送られてきます。

契約書に必要事項を記入して返送後、ようやく融資が実行されます。

指定口座への振込みによって行われるのが一般的です。

次におまとめローンのメリットについて見て行きましょう。

金利が下がることにより、返済総額を減らせる場合が多いことが1つ目です。。

2つ目は返済日が1つとなり、手間が省けることです。

そして3つ目は複数社から借りている場合、返済期日や返済金額がそれぞれバラバラで面倒だったりします。

ですが、おまとめして借入先が1社のみになることで返済日や返済金額の管理が楽になります。

これらがおまとめローンのメリットになります。

おまとめローンは債務整理ではないので信用情報に傷がつきません。

債務整理とは違うため、個人信用情報機関の履歴に傷がつくことはありません。

おまとめローンのメリットがあるようにデメリットもあります。

1つ目は借金そのものが無くなる(減る)わけではないことです。

おまとめローンは、複数の業者からの負債を一本にまとめて負担を減らすという方法です。

もともとあった借金が無くなるというわけではありません。

金利が低くなった場合に利息分が少なくなり結果的に支払金額が減少するだけであって借金自体が減るのとは意味が違います。

場合によっては返済総額が変わらない、もしくは逆に増えてしまうケースもあります。

おまとめローンには厳しい審査があります。

通常よりも融資金額が高額になるため、審査がより厳しくなる傾向があります。

返済の遅延があったりなど、過去の返済状況に不利な情報がある場合は特に審査に通るのが難しくなります。

そして、追加の借り入れが出来なくなってしまいます。

返済専用の場合が多いため利用限度額の枠内であっても追加の借入は難しくなります。

また、おまとめローンをした後に他社から新たに借り入れをするのは避けた方が賢明です。

融資を受ける金融機関にもよりますが、契約違反となり、一括返済を命じられることもあります。

モビットのWEB完結申込の場合は本人確認のための電話連絡はありませんし、郵送物もありません。

WEB上で進行していくので手間いらずで、カードレスでキャッシングできます。

つまり、自宅の人や職場の人にバレずにキャッシングしたい人にうってつけの申込方法です。

また、バンクイックの場合は送られてくるのは最初の契約とカードだけになります。

もし返済が遅れたとしても電話連絡をあらかじめ行うことで自宅への連絡が来ることはありません。

連絡が来るとしても返済日翌日にバンクイックからのお知らせメール、それに応じられなかった時には登録している携帯電話番号への支払い催促の連絡、この順序となっています。

自宅に電話が来る、自宅に郵送物として督促の連絡が来るのはよほどに連絡がつかず悪質なときです。

モビット、バンクイックはおまとめローンを考えている人に選ばれています。

もしおまとめローンを考えているのであればモビットまたはバンクイックに問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

モビット

http://xn--sp-7g4a2ethkbydc6100h4hza4j8esuza.com/mobit.html

バンクイック

http://xn--u9jugpd8f4a3cc6519du6m1ugmgj87khk3dhn8ar3il0v.biz/m/banquic.html

RETURN TOP